本文へスキップ

サトダサイエンス合同会社は簡易型分析機器類を開発・製造・販売しています。

企業理念/経営理念
CONCEPT

企業理念

  ・有用な技術の製品化を通して、生産効率の向上や地球環境負荷低減に貢献します。

  ・楽器や書籍の販売を通して、社会生活の充実に貢献します。

経営理念


・大学等との共同研究を通じて、効率的な製品化を目指します。

・現場の視点を盛り込んで、信頼性の高い製品化を目指します


社長挨拶  2021年4月8日

新年度にあたって

新型コロナウィルスの新規陽性者数が再び増加し始め、4月5日から大阪、兵庫、宮城の3府県に「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。一方、ワクチンに関しては、各地で高齢者の接種が始まる段階に達しましたが、先進国に比べて歩みの遅さが目立っています。しかし、時間がたてば接種率も増加していくでしょうから、そのうちに収まると考えてもよさそうです。

それよりも、今注目すべきは中国による台湾への武力進攻の可能性です。先月、米軍の高官2人が相次いで表明したように、来年の北京五輪が終了したあと、その危険性は大きく増加すると思われます。

その際、尖閣諸島が巻き込まれるのは必至ですし、沖縄本島にも影響が及ぶ可能性があります。想像をたくましくすれば、首都圏までもがミサイル攻撃を受けて、日本が戦場になる確率もゼロではありません。

想定外を防ぐためには想像を膨らませておくことが必要です。仮に状況が好転して、そのような展開にならなかったとしても、中国やロシアにとっての太平洋への出口を邪魔しているのは日本列島ですから、米中、米ロの対立が続く限り、激動の波をまともに受けるのは避けられません。

私たち一般人としては、衝突が起こらないように願うしかありませんが、日本の平和は容易に崩壊する可能性があるとの覚悟は必要です。何か対抗策を準備できればいいのですが、今の世相では憲法改正もおぼつかないですし、軍備増強も時間が足りません。

 しかし、それでも諦めることなく、何か方策を探してみることが必要です。私たちの遺伝子には、私たち自身が現在まで生き延びてきた遺伝の結果ですから、最後まで諦めないという行動様式が組み込まれている可能性があり、それが救いとなるかもしれません。

いずれにしても、この先いつ何が起きてもおかしくないという状況で、心静かに激動の日を待つには、日常生活を滞りなくこなしていくことが有効です。そういう意味も含めて、当社は、Simple yet Sensitive の精神を胸に、開発型企業を目指して進んでまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

以上

 


バナースペース

サトダサイエンス合同会社

〒737-2101
広島県江田島市大柿町飛渡瀬1046

TEL 0823-40-3566
FAX 0823-40-3567
mail; info@satoda-science.co.jp
----------------------------------------
「Simple yet Sensitive」は当社の
登録商標です。