クリーンルーム用人体ダスト検出キット

横笛

サトダサイエンス合同会社 本文へジャンプ

                       

Simple yet Sensitive 🄬

SSL グローバルサインのサイトシール

書籍と製品情報はこちらから


調理器具はこちらから


明日への休憩室(「無の美学」
 

<会員の皆様はこちらから>
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]




24bitアナログ電圧
データロガー


シンプルポンプ

研摩用アルミナ

マイクロ
ポテンショスタット

固相分光測定器


「化学英語論文の
ための例文集」


マイクロチューブ
ラック


SUS/Alダスト
検出キット


マイクロ
ホットプレート

流量モニター

人体ダスト
検出キット

鑑識用キット

楽 器

出 版

イメージ

「有用な技術を社会に!」

そのためには、技術の製品化が必要です。

当社は、理化学機器と楽器の開発・製造・販売、および理系書籍の出版を目的として、平成20年8月に設立されました。

イメージ

[今週のおススメ ] 2019,6,18
(本欄は、原則として、毎週火曜日に更新します。更新時刻は決まっていません。また、有名人の方への敬称は省略させていただいております。)

--DNA修復--

 

先週末、呉市民ハートフォーラムという市民向けの講演会があり、行ってきました。心臓病についての啓発活動の一環で、今回で11回目ということでしたが、興味深い話が沢山ありました。

 

今では中学校の教科書にも載っているというDNA修復の話も、筆者を含んだ高齢者が多い聴衆には新鮮に聞こえたように思いました。

 

中でも、基調講演を担当してくださった広島大学大学院医学研究科の石田准教授は、生活習慣病や老化、あるいは、がん等について、DNA損傷と修復という観点から解説してくれましたので、テレビ等から得た健康知識が整理されたような気持ちになりました。筆者の非力を顧みず、そのポイントを記すとつぎのようなものになります。

 

・ヒトの細胞すべてでDNAは1日あたり1万回から100万回傷ついているが、DNA修復機構が修復している。

・傷つく原因は、代謝(細胞の正常な活動)と環境要因(紫外線、放射線、タバコ、アルコール、食塩等)になる。

・傷つく回数が増えて、修復が追いつかなくなると、老化やがん化が始まるし、動脈硬化も始まる。

・したがって、傷つく回数を増やさないためには、生活習慣の見直しが必要となる。(代謝による損傷は防げないので、それ以外を減らすようにする。)

・「血管年齢こそがその人の年齢である」という言葉があるが、それを噛みしめてほしい。

 

以上ですが、筆者の曲解が無いとはいえません。それで、この講演が大変わかりやすかったものですから、記憶を確認しようとウィキペディアで「DNA修復」を見てみたところ、こちらも手際よくまとまっている印象を受けました。もちろん、筆者の力量では理解できない記述も複数個所ありましたが、大昔に生物学を習っただけという人には有用なサイトだと思われます。

 

今週のおススメ: 生活習慣を見直すようにとは、耳にタコができるほど聞かされてきた言葉ですが、その理由が理解できたと思うと、一層まじめに取り組めるような気がします。今回の講演会に参加できなかった方には、ウィキペディアの「DNA修復」をご覧になることをおススメします。わからない言葉が出てきても、我慢して最後まで目を通すと、多少は理解が深まるような気がします。ご自分の努力でDNA損傷回数を減らすことができる要因があるのなら、チャレンジされてみては如何でしょうか。

 

 


 

 (お知らせ; 「今週のおススメ」を年度ごとに集めた電子書籍をアマゾンで順次販売しています。アマゾンのホームページにおいて、「今週のおススメ」または「サトダサイエンス」で検索してみてください。パソコンで読むこともできます。「kindle for PC」というソフトを使いますが、このソフトはアマゾンのホームページにおいて無料でダウンロードできます。)

 

 

明日への休憩室
  (第3回に更新しました。)
 

 

 
[ニュース・更新情報]
2019,4,23  社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2019,4,7  電子書籍「化学英語論文のための例文集 改訂版」をアマゾンのサイトで出版しました。

2019,3,27 「明日への休憩室」を更新しました。
  第3回は、「無の美学」(大口善郎様; 大手前病院前院長)です。

2018,11,20 「明日への休憩室」を更新しました。
  第2回は、「存在仮定はなぜ必要か」(森田憲一様; 広島大学名誉教授)です。

2018,9,30 小型基板電極の販売を終了しました。

2018,8,22  社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2018,8,12 「今週のおススメ」を日付順に集めた電子書籍をアマゾンで出版しました。アマゾンのホームページで「今週のおススメ」または「サトダサイエンス」で検索してください。第1巻は、2008年9月から2009年3月までのもので、それ以降の内容も、年度ごとにまとめて、順次販売する予定です。

2018,4,1 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2018,1,1 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2017,12,15 日本分析化学会第78回分析化学討論会のウェブサイトににバナー広告を掲載しました。

2017,8,22  社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2017,8,8 発売記念として「高分解能アナログ電圧データロガー」を20%割引します。8月末まで。

2017,8,5 「高分解能アナログ電圧データロガー ADC-24」の販売を開始しました。

2017,1,3  社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2016,12,27 共著論文が掲載されました。 Atsushi Manaka et.al; "Development of Original Attachment and Application Software for Simple Fluoride Analysis Using Smart Device", Modern Environmental Science and Engineering, 289-293, (2016)

2016,8,25 外部の著者にお願いした原稿を掲載する「明日への休憩室」を新規開設しました。
       第1回は、「可逆的なコンピュータ」です。著者=森田憲一様(広島大学名誉教授)

2016,8,20 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2016,4,1 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2016,1,1  社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2015,12,10 日本分析化学会第76回分析化学討論会のウェブサイトにバナー広告を掲載しました。

2015,9,11 日本分析化学会第64年会で共同発表しました。(ポスター発表)
      P3166「スマートデバイスを用いるフッ化物イオンの簡易計測法の開発」

2015,8,18 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2015,6,18  基板電極AE-303のカタログを変更しました。

2015,5,25  送料に関して、メール便が廃止された件を反映させました。

2015,5,23  第75回分析化学討論会でポスター発表をおこないました。
        P1019 「PFAチューブによる簡易送液システムの開発」

2015,4,1  社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2015,1,1 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2014,9,19 日本分析化学会第63年会で共同発表しました。(ポスター発表)
       P3161「沿岸海水中に存在する超微量Fe(Ⅱ)の現場分析法」
       
2014,8,26 周期表用紙のページを新設しました。
       本ページ上段左側からお入りください。

2014,8,20 社長挨拶を更新しました。会社概要のページをご覧ください。

2014,5,24 第74回分析化学討論会で、カタログ展示をおこないました。



[新製品関連情報]
・溶液用低圧シンプルポンプを発売しました。かなりシンプルな構造で、低価格ですので、ちょっとした送液用として手軽に使えます。複数溶液の送液も可能です。

・マイクロポテンショスタット CV-100 の取扱説明書が改訂されました。クロノアンペロメトリーについての機能説明が追加されています。
いつでも、どこでも、手軽に、すぐに測ってみることが可能ですので、電気化学の学習用にも最適です。

 


 

 
<会員登録について>
2009,4,8 WEB会員募集を開始いたしました。ポイント還元率は5%です。ポイントの有効期間は最後のポイント付与から2年間です。新規会員登録時1000ポイントをお贈りいたします。2回目のご購入からお使いいただけます。
(1ポイント=1円で割引いたします。)
         新規会員登録はこちらから  

<<ご注意: 書籍に関しましては、ポイントのご利用はできません。>>




 

<合同会社とは?>
合同会社とは、2006年施行の「会社法」によって誕生した新しい会社組織です。日本版LLC(Limited Liability Company)とも呼ばれるもので、①法人格、②有限責任、③内部自治 等の特徴を備えています。起業しやすい会社形態と言われています。


<Simple yet Sensitiveについて>
この言葉は、東北大学の金子恵美子先生と Elizabeth Webeck 先生が論文中で使用されたものです。ご了解を得て、当社が商標として登録いたしました。


<<カタログや仕様などは、お断りなしに変更することがあります。>>


           このページ先頭へ
             
ご注意; 無断転載、無断リンクなどは、お断わりいたします。